起業を考えている人のための「ひとり起業大学」の2次募集が始まっています。

こんにちは。そるとです!

最近コーチ、コンサルを始め、副業、起業を始める人が増えているように思います。
Facebookはいつの間にかコンサルの方だらけになってるし^^;
とくに女性の起業家の方の活躍が目立ってるなぁって感じています。

かくいうそると自身も、起業、とまでは行きませんが
収入の柱は一本でも多い方が良い、と考えています。

そんな中、12/13PM23:59までの緊急告知となります。

ひとり起業大学

そんな中、私の知り合いでもあり師匠でもある「海江田 和記」さんという方が「ひとり起業大学」という起業家のためのオンラインコミュニティを立ち上げておられます。

今の時代の「起業」に必要なものが全部そろっている

この方、実はコンサル料がめっちゃお高い方です。
ご自身も28ヶ月連続、月商1000万を到達しているという。。なんだかもうよくわからないです。
生徒さんをが引き上げるパワーも半端なく、海江田さんのOECというもともとの起業塾には月収数百万という方がゴロゴロいらっしゃいます。(塾費も半端ないですが^^;)

が、今回は利益を度外視して、海江田さんご自身の日本一大きな起業塾を作る、という夢のもとになんと月額たった1万円(;゚Д゚)で。。の募集です。。びっくり。

起業塾の内容は、入った瞬間から見ることができる起業のために必要な知識を得るための動画が55時間分以上。 マインドセット、マーケティング基礎、応用編、コンセプトメイキング、コピーライティング、セールス。。まだあります。

この時代にとても大切なブログ集客、時間管理術、キャッシュフローについて。。
この内容、すごいと思いませんか? もっと詳しく内容をお知りになりたい方はHPを見て確認してみてください。

1万円の塾で有料級セミナー、そして人脈まで

でも私が何よりすごいと思うのは、月1万円の費用にも関わらず、月1度は著名な方を招いてのセミナーを開催していることです。

スポンサーリンク

私自身海江田さんのセミナーを受けたことがありますが、まぁ内容が濃いことに驚きました。 その時はランディングページの構築についてのお話でしたが、何度もABテストなど繰り返して研究しつくされた内容をすべてさらけ出してくれます。

海江田さんご自身のセミナーに加え、業界著名人のセミナー。これだけで1万円以上の価値があると思います。 著名人の方のお名前はここで言っていいかわかりませんので伏せますが、11月はオウンドメディアのレジェンド、と呼ばれる方のセミナーでした。

そしてそのセミナーには海江田さんのOECの塾生の方もいらっしゃいます。月収で100万円を超える方も多くいらっしゃるので、いろいろなお話が聞けますし刺激になります。
セミナー後に懇親会などもありますし、普段会えない、でも志を同じくする人とリンクできます。これは楽しいです。

起業を考えているなら迷う理由はない

「もうすでにご自身のコンテンツがあるけれど、集客が思うようにできない」、とか
「起業を考えているけれどどこから手を付ければよいかわからない」

であれば、ここで学べることはコスパが良すぎます。
今すぐ起業、でなくても知識として得られることは今後の武器になると思います。
※追記:募集期間が短いのでご注意ください。~12/13(木)まで

100万のコンサルに学ぶもよし、独学もよし(遠回りになるかもしれませんのでお勧めはしませんが)、起業を学ぶためにもいろいろな方法がありますが

コストをかけずに成功者に学ぶことができる」稀有な塾だと思います。
ぜひ一度経験してみてください。

ひとり起業大学

※募集期間は終わりましたがそのうちきっと募集があるかと思います。
ご興味がある方はお問合せくださいね。

 

ランキングに参加しています♪ ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

合わせてこちらもどうぞ

こんにちは! そるとです。 いきなり何?なタイトルですが、今日こんな動画を見ました。 2017年8月6日に公開されたものです。 ...
こんにちは! そるとです。 最近よく聞くようになった言葉「副業」。。 会社で副業を認めるところもあるなんて、時代も変わりましたね。 ...

 

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主婦にできる副業を考える。将来のためにできること。

藤原和博氏の教え「10年後、あなたに仕事はありますか?」

夢は吐くと叶う。人生でやりたい100のことを私も書いてみました。

家を建てて22年経って振り返る。本当に一軒家は必要だったのか?

Amazonアカウントが乗っ取られた話。取り戻すまでの対処法と経緯、原因まで。