ドラマ・映画・芸能

危険なビーナス第2話のあらすじが気になる!原作と違う展開になるの?

こんにちは。

10月11日に第1話が放映されてから話題沸騰中の「危険なビーナス」ご覧になりました?
もちろん見ましたよね!

私も東野圭吾さんの原作を読んで以来、楽しみにしていました。
そして主人公手島伯朗を妻夫木聡さんが演じると知ってからはより楽しみに♪
もちろん原作も一気読みしてしまうほど面白いので機会があったらぜひに読んでみて欲しいです。

第1話、面白かったです!!
原作ファンは「ちょっと原作と違う!」という声もあったようですが今回は東野圭吾さん自身がこんなツイートをされていました。

&

本人ご公認なので、原作とはまた違った楽しみが増えるってことですよね♪

第2話のあらすじは?

まずはTBS公式サイトでのあらすじはこんな風になっています。

伯朗(妻夫木聡)楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)佐代(麻生祐未)。さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。そんな時、伯朗は勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトより

いやいやいやいや(;’∀’)
ほんとに全然違いますやーん。。

まぁ初回からヒロイン楓が誰かに誘い込まれ地下室に1人閉じ込められたり、またその時行かないと言った伯朗が楓を助けるために八神家に乗り込む、そんな流れも原作とは違いました。

スポンサーリンク

そして1話ラスト、八神牧雄が楓に呼び出されることもありませんでしたからこのシーンには驚きました。
そもそも執事や専属看護師は原作に無く、3時のヒロインの福田麻貴さんが出てきて驚きました。この執事の君津も、楓と伯朗の写真を影からこっそり撮ってみたり、なにやら悪事に関わってきそうですね。

キャストや相関図を確認したい人はここをクリック

ここからは私の勝手な推測ですが。。

牧雄を突き落としたのは君津ではないかと・・!
勇磨がめっちゃアヤシく感じますが、どうも自ら人に手をかけるようなタイプではないと思うのです。頭が良く自信家のはずですから。

もうね、原作と全く違うので私にも全然わからないのですが、楓もアヤシイです。最後の方で楓の生業(なりわい)なども明かされていくことでしょうが、そのあたりに関わってくることなのかもしれない、と思いました。


原作を読んだ時も、それぞれのキャラクターの存在感が濃い!と思っていたのですが、ドラマ化されるとすごいですね。特に戸田恵子さんの演じる波恵さん♪めっちゃ存在感ありますね。

たまたま聞いたFMラジオで戸田さんが「この役は全部着物で。髪はオールグレイで。」と決めたそうなのですが、1話放送後「あの髪色と髪型、いいね!」と周りの方に大好評だったと言ってました。

波恵の存在感に、着物と髪型が確かに一役買ってますよね。

そして原作ではあまり存在感を感じられなかった波恵の妹祥子。安蘭けいさんがすっごくイヤミな感じで上手に演じられるので存在感が増してるように感じました。

あーでも、ディーンフジオカさん演じる勇磨のこれからの活躍がほんっとうに楽しみです。
伯朗と楓をはさんで、どんな化学反応を起こしてくれるのか。。ワクワクしますっ!

原作とは全く違うエピソードなどがとても楽しみです。ちなみに読後感のめっちゃいい本でしたので、ドラマにもそれを期待したいと思います。
第2話の放映を正座で待ちたいと思います。

 

中村倫也さんのドラマ「凪のお暇」ってどんなストーリー?こんにちは!そるとです。 最近大好きな俳優さんがいます。。誰だと思います? 。。。 。。ってタイトルにあるんだからわか...

ランキングに参加しています。ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク