Beauty&Health~健康的”美魔女”と言われたい

40代からの脱毛体験・サロンも医療もやってみた。VIO脱毛をする必要はあるの?

毎年薄着の季節になるたび、スカートのひざ下や半そでの腕のムダ毛が気になりませんか?
たまのおでかけのとき、半そでの服で堂々と電車のつり革につかまれますか?

わたしは30代後半に一度医療脱毛に通い、ワキとひざ下の脱毛を済ませました。
おかげで10年以上、ほんとうに快適に過ごしてきました。

でもここ何年かひざ下に数本の毛が出てくるようになったので、お試しにミュゼプラチナムにも通ってます。

キャンペーン価格ででワキとVラインが2年間無期限というものでした。

と、いう訳で医療脱毛と脱毛サロン両方経験することになりましたが、果たして40代で脱毛。。しかもアンダーヘア込み。やった方がいいのか、それとも否か。必要はあるのか?

いざ行くと決めてから、VIOについて考えるいい機会になりました。
そして医療脱毛とサロン脱毛はどう違ったかをまとめてみました。

このブログはこんな疑問にお答えします。

40~50代になってからでも脱毛する必要、ある?
サロン脱毛と医療脱毛、どちらがいい?
40~50代でVIO脱毛するのはなぜ?

これから脱毛を考えている方の参考になれば幸いです。

脱毛する?医療脱毛とエステ脱毛の違い

簡単に言うと、医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、使う機械や出力です。
医療脱毛は医師が常駐している分、高い出力でお手入れができます。
なので回数が少なくて済みますよね。

ざっとまとめるとこんな感じです。

医療脱毛とサロン脱毛の違いは?

医療脱毛 ⇒ 短期間で終わる・多少高め・医師/看護師が施術
サロン脱毛⇒ 回数が多い・とにかく安い・肌にやさしい

医療脱毛とサロン脱毛の一番大きな違いは「回数=時間」そして「値段」です。

サロン脱毛は出力が低い分、多く(VIOを完全に終わらすためには18回程度)通わなくてはなりませんがその分肌への負担は一般に優しいようです。

サロンによって方式は違いますがとりあえず自分が行ってみたミュゼで見ると
SSC(スムーススキンコントロール)方式で、ジェルを塗った場所に光をあてて
相乗効果で制毛していくそうです。肌へのダメージは実際ほとんどありませんでした。むしろ毛穴がキュッとひきしまってなめらかな肌になったと感じました。

アラフォーで医療脱毛をしてみた結果

人生で最初に医療脱毛したのは30代後半のころ。
2~3か月に1度の処理で、3回目が終わったころにはワキもひざ下の太い毛もほとんど目立たない状態になっていました。

足の脱毛中

痛みも思ったほどではなく、ワキは全然痛くなかったです。ひざ下はすねの前面、ぜい肉が少ない部分はちょっと痛かったです。でも我慢できる程度。
場所が効果が出やすいということもありますが、5回が終わった時はワキもひざ下もツルツルで毛穴もしまっていました。

すでに3回目になるころには本当にこう思ってました。

「なんでこれ、もっと早くやらなかったんだろう。。」

今まであんなに時間をかけてきた、あの時間ってなんだったんだろう、と後悔しました。

今時間に追われて忙しい、でもキレイにしたい。早く。ならばすぐ医療脱毛サロンに行くことをお薦めします。

たとえばレジーナクリニックだと、全身脱毛が5~8回、約1年間で完了します。
全身脱毛ライトなら207,900円(税込)。サロン系も回数をこなせばその金額は簡単に超えてしまうところもあり、最初からこの金額で全身脱毛ができるなら格安だと思います。

肌に合うかどうか不安な場合、初回のカウンセリングで「テスト照射」をしてもらえるのも安心材料ですね。私が医療脱毛を受けた頃と違い、マシンも進化していますし値段も安くなっているのでうらやましいです。

しかもどうしても痛いのが心配(><)な人におすすめな点があります。レジーナクリニックだと希望者には無料で「麻酔クリーム」を塗ってもらえます。
他のサロンやクリニックだとこれは有料(500円~)のところも多く、場所が多ければ多いほど高額になります。
事前処理の「剃り残し」も無料。ただ全然処理していないとかは問題外にはなります。

事前の処理は慣れないとなかなか難しいので、「残ってもちゃんとやってもらえる」と思えば気持ちも軽くなりますね。

レジーナクリニック 全身+VIO 5回

サロン脱毛(ミュゼ)に通ってみて

40代半ばになってあらためてサロンに通うことになりました。
しかも今度はVIOをキレイにする、という目的もありました。

デリケートな場所をはじめて体験しましたが、これはイタイ(笑)
笑っちゃうくらい痛いです。大切な部分を守るため、毛根がとてもしっかりしているので仕方ないことだそうです。でもそれだって一瞬のことです。全然我慢できます。

信じられないくらいお安いのでキャンペーンのワキ、Vゾーン以外にもチケットを購入しましたが、Sパーツ、Lパーツでその時により自分で場所を選んで予約できるのが良かったです。

VIOでツルツルになるには18回くらいと言われました。そんなに完全にツルツルになりたくもないので、自分でいい感じの時に止めればいいかな、って思ってます。

すでに4~5回でかなりのボリュームダウンになりました。ナチュラルな時の量は今考えるとちょっと恥ずかしいと思うほど。

えりあしや鼻下なども2~3回やってみましたが、その回数ではまだ効果は感じられません。定期的に、きちんと通えばもっとキレイになると思います。。が最近おさぼり気味なのでいつになることか(笑)

ミュゼサロンの雰囲気や対応

待合室などもキレイで雑誌やミネラルウォーターが置いてあります。
思った以上に40~50代の方も多くお会いしました。
ゆったりした雰囲気のなかで順番を待ちますが、予約してあればそれほど待たずに施術に案内されます。

そしてスタッフさんの対応が本当に丁寧なことには感心しました。
一緒にカウンセリングを受けた友人は「持病がある(薬を飲んでいる)」と言ったら
お手入れをお断りされて、持病が治ってから、という対応でしたね。
その辺もきちんとしていると感じました。

これは医療脱毛でもサロン脱毛でも変わりませんが、カウンセリング/施術と人が変わっても丁寧さは毎回変わらないので、教育が行き届いているんでしょうね。
押しの強い営業も今まで受けたことがありません。あとミュゼで良かったのはオリジナルのお手入れコスメがとてもお肌に優しいのにお値段が手ごろといういこと。オリジナルの脱毛シェーバー(スティック型)も使いやすく、思わずまとめ買いしました。

脱毛の自己処理での失敗。。果てしない時間を返して

最初に医療脱毛をした時点で感じたと言いましたが。。

「なんでもっと早くやらなかったんだろう。。。!!」

経験者の方はよくそう言うそうですがまさにその通り。

あの、中学生になってからのカミソリ、毛抜き、ワックスそしてジェルなどで格闘してきたあの時間。
特に毛抜きで作ってしまった埋没毛、ボツっとなってしまった毛穴。。
ひどい時なんて毛根が割れて? 一つの毛穴から2本生えてくるとか(><)しかも
頑張り過ぎたせいかワキにほくろができちゃいました。。。

本当に早くプロに任せれば良かった。。

とは言えお得な値段でできる今と違って、アラフィフの私が20代のころは
最低でも一カ所30万円と聞いていたのでやる気になれませんでしたけどね。しかも永久脱毛で使うニードルとかは泣くほど痛いと言われていた時代でした。

今はリーズナブルで痛みも少なく、いろんな方法も選べるようになりましたね。

脱毛

【介護脱毛】脱毛を迷う40代以降の女性に知ってもらいたい

ミュゼに通い始めたのは40代後半でしたが、気になる箇所がだんだんキレイになっていくのはやはり気分がいいものです。あの毛はほんとうに、いらないもの。

あるサロンの調査では40代では5~6割の人は「脱毛を考えている、またはしている」そうですね。
私も「もう40代だし、やらなくてもいいんじゃないかな。」と多少の迷いはありましたが、結構同じ年代の方も来ているようでした。スタッフさんいわく「最近特に多いです。」とのこと。

なぜだと思いますか?

介護脱毛という考え方

「介護脱毛」という言葉、最近聞くようになりましたね。

これは主に、「デリケートゾーン(VIO)」の脱毛の話です。
介護士さんが「自分が介護される時のために」と来たりするそうです。

そんな話を聞くと、介護する側としてはやはり毛量が多いとお世話する方も大変なのだろうな。。と予想がつきます。清潔に保つためにもいらないものですよね。
そして変な話、毛量が多いとにおいや、かぶれも気になります。

ここでそもそも「VIO」って何?どこのこと?と思う人もきっといると思います。
私もやってみるまでちゃんとはわかっていませんでした。


それぞれはこのエリアの場所のことを指します。
Vラインは上部の横ーラインと、V(両脇のななめのライン)を分けているクリニックやサロンもあります。
Iラインは縦長の部分、Oラインはおしり周りの部分になります。
これらを全部処理することを「ハイジニーナ」と言ったりするところもありますね。

ここに皮膚科医の友利新さんの動画があります。

これまで考えてもみなかった理由があったり、とても参考になりますね。
色素沈着のことなども、自分が処理してみてはじめてわかったことですし、こんな動画を先に見られていたら。。と思いました。

自分が介護される側になった時のことを考えると、やはり以前のジャングルな状態よりは、今の適度に処理した後のほうが申し訳なさ度が低い気がします。
いえ、落ちている毛を見るだけでもイラっとしますから、なければ拾うこともないと思えば早く済ませたいですw

自分でも気づかない場所にそれはあります。

確かにデリケートゾーン周辺はムレるし、清潔保持にもいいしもわっとして邪魔だし(笑) 下着からはみ出したりもイヤですよね。

なので最初の4~5回は全処理!しました。
今後温泉など人目にさらされる場所に行くときのために、前(Vライン)だけ形を整えて残しておきたい人もいますよね。そんな時にも最初は全処理して、全体の毛量は減らしておくそうです。
ただ効きすぎてしまって、「もっと残したかった」ということにならないためにも最初の2~3回目までよく様子を見るのがいいと思います。

そして全処理する中であらためて驚いたことがありました。。
「Oライン」なんて私には関係のない話、と思っていましたがちゃんと処理されたんです(苦笑)

みなさん、Oラインには毛がありますよ(笑)

そしてこのOラインの毛こそが、介護のときの一番の敵となるのはご想像の通りです。

知り合いの介護士の方によれば、やはり、とくにOラインの毛は無い方が(もちろんですが)やりやすいとのこと。と、知ったからにはやはり少しでも負担をかけたくないと思いました。

VIOとなるとOライン以外は前の日に自分で剃っていかなければいけないのですが、結果は満足です。はみ出したりすることもなくなりましたし、上品な感じにおさまっていい感じです。

これ以上は温泉に行くときのためにとっておこうと思いましたが。。
将来介護される時があるかもしれないと思うと、もうちょっと減らしておいてもいいかなと思います。いえ、チャンスがあったらやっぱりIOはツルツルで!と最近考えが変わりました。

だって白髪になってしまった後では、脱毛のチョイスがぐぐっと限られて時間もかかりますからね。

VIO脱毛をやりすぎて失敗した?そんなことにならないための注意点。あなたはワキや手足のムダ毛、人に見られても大丈夫ですか? VIOのお手入れ、していますか? 欧米をはじめ海外では当たりまえのこと...
脱毛

結論・急ぐなら医療脱毛/コスパならサロン脱毛

もし今後40代でも、その前後でも脱毛しようか、どうしようか。。と迷っている人がいるなら、私は言いたいです。

「早くカウンセリングに行きましょう!なんなら付き添います!!(無理だけど^^;)」

だってワキの毛って(他もですが。。髪の毛や眉毛以外)必要ありますか?w
ある程度年齢を重ねたからこそ、処理し忘れたワキの毛が半そでから見えたりした日にはもう目も当てられない、と思うのはわたしだけでしょうか。

色っぽい話もないシングルですが、余計な毛がないとほんとうに快適です。私たちの世代は、異性のためじゃなく自分のためでいいと思います。

将来のことも考えての介護脱毛、なら急ぎましょう。白髪になる前に。

時間の無い方、18回も通ってられないわ!という方は最初から医療脱毛をおすすめします。とくに私達世代の主婦は忙しいですからね。多少のお金を払っても、「時間を買う」という考え方は正しいと思うようになってきました。

安全に、かつできるだけ早く処理したいなら
レジーナクリニック 全身+VIO 5回

よくわからないからとりあえずお試し、ならキャンペーンの多いミュゼ、おすすめです!
またワキ・Vラインが100円、というキャンペーンもやっています。
通っているうちに「なんか。。すいません。」て恐縮するほどの安さです。(でも他の場所もやってみたくなってしまいますw)娘は本当に100円だけお支払いして通わせてもらっていました。
迷っている方は、この値段なら迷わずにすみそうですね♪

全国に176店舗・24時間予約可能なサロン
顔+全身おトクに脱毛


ランキングに参加しています。 ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

VIO脱毛をやりすぎて失敗した?そんなことにならないための注意点。あなたはワキや手足のムダ毛、人に見られても大丈夫ですか? VIOのお手入れ、していますか? 欧米をはじめ海外では当たりまえのこと...
更年期の汗はにおう?アラフィフだからこそ爽やかでいたい。原因と対策を知ろう。こんにちは。 気温が高くなる季節や、寒い時期でも暖房が効いた部屋などでふと気になることがあります。 それは車の中、電車の中、職場...

 

ABOUT ME
Saltnsugar
旅とマイルとK-POPをこよなく愛す不登校児のシングルマザー。美容オタク。アレルギー発症で20年以上使ったフランス系のスキンケアを捨て、いいと言われるスキンケアをかたっぱしから試してきました。美容は取捨選択!アラフォー以降に変化のあった髪質にも「ハリ・コシ」を復活させました。年齢を超えたできるかぎりの「キレイ」を目指したい。 断捨離には何度もいどみ、連敗中。