デトックスする玄米。私にはメリットの方が大きかった。

こんにちは! そるとです。
桜も咲いて、すっかり春らしくなりましたね♪

桜

前回のエントリーで、昨年8月からずっとじんましんと発熱に悩まされていたことを書いたんですけど。。

こんにちは! そるとです。 前回のエントリーで去年の夏から続く原因不明のじんましんと発熱に悩まされている、と書きました。 https...

原因がわからなかった期間がとても長くて、 その間はずっと(7ヶ月くらい)強い薬を訳もわからず飲んでいたわけで。 ちょっと怖くなってしまいました(その薬はがんの治療にも使われているものだと後で知りました)。

もともと頭痛もちだったこともあり、からだの中にどれだけの薬や添加物が貯まっているのかと思うと不安がつのりました。

そして、できたらこれから身体に入れるものは、できるだけ添加物や農薬の少ないものにしていきたいと思い始めました。

スポンサーリンク

玄米のデトックス効果。からだの中をキレイにしたい

そんな時いろいろネットを見ていたら「玄米」のデトックス効果が気になりました。

からだの中のあらゆる毒素(水銀や鉛などの有害重金属や被爆物質、農薬、肥料、添加物まで身体の骨の中にまで浸み込んでいるものまで)と結びついて体外に排出してくれる「フィチン酸」というものが入っています。 この効果を「キレート効果」と呼ぶそうです。

更にいろいろ見ていくと、この玄米の「フィチン酸」には賛否両論あって、有用なミネラルまで排出してしまう、消化が良くないので下痢や便秘になる、などのデメリット面があることで議論になったそうです。

玄米

でもその後、「排出されてしまうミネラル分」に関しては問題ないほど少量であるということがわかってきて。
また玄米は、白米に皮がついている状態なので硬いのです。 調理の際よく蒸す、食べるときによく噛む、など注意が必要だということがわかりました。

っで、私にとっては今その「デトックス効果」がとても必要なこと。
メリットデメリットを自分なりに見比べて、 「メリットの方が多い」、と判断したので玄米を食べることにしましたよ♪

玄米は炊くのが大変。。でも楽な道があった!

が。 玄米。。炊くのがとても大変なんです。 よく洗い、もみ洗いし、6時間以上水に漬け、圧力釜/鍋で炊く。。 うち。。圧力鍋ないです。。チーン。

でもね、便利な世の中になりましたよね。 楽天になんでもあるじゃないですか(笑)

 

玄米

お店と作り手のお米や材料に対するこだわりがしっかりしていると思ったのと、 玄米なのに「食べやすい」「美味しい」という評価があった「結わえる」のレトルトパックを購入してみました。

スポンサーリンク

玄米の方は、最初はちょっと食べにくさがあります。 調理法が工夫してあるため、もちもち感はありますが。。いつも白米を食べていると硬さは感じますよね。 でも健康のためと思えば大丈夫。 よ~く噛んでいただくようにしています。

そしてカレーとよく合いますよ♪ ていうかこのカレー(ごろごろ野菜とひよこ豆のカレー)があまり美味しくて、すぐに10個入りを追加しましたww(現在売り切れ中みたいですが、早く再販お願いします!!)

玄米初めて。という方にはぜひカレー&玄米、 シチューやスープ&玄米という食べ方が入りやすいように思います♪

 

無添加・無農薬をできる限り、できる範囲で始めたい

そして塩も変更。

 

お茶もこれにしました。

これかごぼう茶。 玄米はそれなりにお値段もするし、ほんとは毎日食べたいところですがちょっと無理。
週に1度か2度は玄米を食べるようにしています。 お塩を変えたこと、お茶を変えたこと、また味噌や醤油なども原材料名をよく確認するようにしています。

 

ゆるく目指す無添加生活。

少しずつ食品を変え始めた、それだけでもちょっと安心感があります。
実際お通じは良くなりました。 以前はひどい便秘のため4日や5日お通じが無くても全然平気!だったのですが。 毎日、もしくは2日~3日に1度は必ずお通じがあるようになりました。 私なりのデトックスはいまのところ成功しているように思います。

 

ほんとうは玄米から購入して自分で炊くようにすればいいのでしょうけれど。。
忙しい毎日なので今はレトルトで。 少しずつのゆる~いチェンジを無理せず
続けていこうと思います。

 

 

 

ランキングに参加しています。 ポチっとお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢は吐くと叶う。人生でやりたい100のことを私も書いてみました。

家を建てて22年経って振り返る。本当に一軒家は必要だったのか?

起業を考えている人のための「ひとり起業大学」の2次募集が始まっています。

藤原和博氏の教え「10年後、あなたに仕事はありますか?」

主婦にできる副業を考える。将来のためにできること。